\祝開店/グッズ販売はじめました。 | BASEとcanvath連携!ないアイテムはsuzuriを使用

Hejsan! ミホタカハシです。

日々『きょうのしぜん』と題して身近な自然を切り取る活動をしてきたのですが、ここ最近、気合を入れて撮った写真より落書き程度に描いたイラストの方が反応がいい!ということをはっきりと確信しました…。

ということで、

つらつらと描いたイラストを使って、オリジナルグッズを販売してみることにしました〜!

オンラインでグッズ販売できるお店です

こちら

こちらです

※制作できるアイテムがサービスごとに異なるため、お店が2つあります。

BASE、suzuri、canvathの違いは?

使ったサービスは3つ。BASEとcanvathとsuzuriです。

それぞれがどう違うかと言うと、

  • BASE:なんでも売れるお店を構えられるサービス
  • canvath、suzuri:デザインデータをアップロードするだけで、オリジナルグッズを受注製造してくれるサービス

BASEはたとえば、「家庭教師します」など形のないものも売買できます。一点もののハンドメイド商品などももちろん出品できます。

今回はオリジナルグッズを在庫を持たずコスト無しで販売したいため(ケチい笑)、受注製造してくれるcanvathとsuzuriを利用しました。

BASE+canvathパターン

canvathは、BASEと連携でき、BASEでお客さんが購入ボタンを押すと自動的にcanvathに発注がいく、そしてお客さんの元へ発送までしてくれる、という仕組みにできるのです!

つまり、店主はデザインを決めてアップロードし、お店に商品イメージを並べるだけ。あとは待つのみ。

suzuriパターン

suzuriはBASEと連携できません。が、suzuri自体のショップがとてもわかりやすいインターフェイスになっているので、「suzuri = BASE + canvath」とも言えます

ただ、suzuriはsuzuriでつくるオリジナルグッズ以外を出品することはできません

 

そして、suzuriとcanvathで制作できるアイテムが異なるため、両方に魅力的なアイテムがある場合、ショップを2つにせざるを得ません…。

なお、suzuriで制作したグッズをBASEに並べて売る(そして手作業で連携する)のは、suzuriの規約からするとややグレーなようです。。

※追記:suzuriのよくある質問に次のようにありました。購入して販売は全然OKだそうです。

参照:SUZURIで作った商品を、別サイトなどで販売してもいいの?

手間も増えますし、あまりいいことはなさそうですね。どんどん売って広めましょう!

さいごに

という経緯で、2つのお店を開店したのでした!

商品の一例です。

夏にむけて、何枚あっても困らないTシャツ

商品の詳細はこちらからどうぞ

アイフォンケース、suzuriではサイズも選べます。BASEの方(金色背景)はサイズお問い合わせください。

白い方はこちらから、金色の方はこっちです。

A5ノート、14.8cmx21cmスケジュール帳サイズで使いやすいです。

ここから見れます

このトートバッグ、意外としっかりしています。エコバッグにも、旅行先で増える荷物用にも。

両方ここに並んでいます

 

お気に召すものがありましたら、ぜひぜひポチッとお願いします😳

 

写真を使用することもできますし、手軽にオリジナルグッズが手に入れられる上に販売もできるので、万人におすすめです。また似たようなサービスでオススメのものがあればレポートします!:)

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA