Liseberg(リセバリ)北欧で一番大きい遊園地でクリスマス

スカンディナヴィアで一番大きな遊園地 Lisebergリセバリ。1923年に開園し、毎年300万人が訪れるらしい(wiki)。

私が留学していたスウェーデン第二の都市Göteborg(ユーテボリ)にあり、留学中も何度か遊びに行った思い出深い場所。昨年の再訪でも、クリスマスマーケットが始まるというので久しぶりに遊んできました。

日が暮れるのが早い夕方

クリスマスならではのイベント

サンタの部屋

サンタの工場があり、そこではサンタに手紙を書いたり、サンタに仕えるトムテニッセという人?たちが働く様子が見れます。タイミングが良ければ自室のサンタにも会えます。

アイススケートショー

毎年かなり人でいっぱいになる、アイススケートショー。まじかでプロのスケートを見れるので必見です。言葉がわからなくてもあらすじがわかって楽しめるのもグッドポイント。

中世の村

中世の村を本気で再現したエリアが出現します。当時の生活を、人がちゃんと再現しています。そこから出発する遊園地内宝探しゲームも開催されているので、ぜひ中世マダムに地図をもらってください!

クリスマスマーケットの様子

11月中旬から完全にクリスマスムード。澄んだ空気とシンプルなイルミネーション、マーケットでは暖かいGlögg(シナモンなどが入った甘いホットワイン)、pepparkakor(ジンジャークッキー)、様々なチーズなども売られており、スウェーデンっぽさ満載です。

出典:リセバリ公式サイト(https://www.liseberg.se/jul-pa-liseberg/julmarknad/)

ペッパカーカとグルッグ

チュロス(北欧らしさではないが遊園地らしさはある)

クリスマスマーケットの中には、お土産にぴったりのお店もたくさんあります。トムテ(サンタ的なもの)のロウソクや、部屋に飾りたいインテリアグッズも。THEスウェーデン土産!という感じの雑貨も沢山ありました。

トムテのロウソク

フェルトのインテリアグッズ

イルミネーションが綺麗。穴場はキッズエリアの空飛ぶ自転車的な乗り物。

アトラクションはどんな感じ?

リセバリの乗り物はどうかというと、結構充実しています!ジェットコースターも、高いところから落ちる系も、スウィング系も揃っていて、キッズ向けも沢山あります(参考:https://www.liseberg.se/attraktioner/)。Gを感じるのが好きなら、Balderという木製のジェットコースターがおすすめです。

動いていなかった、最恐のジェットコースター(Balderではない)

今回はふざけてキッズの乗り物に乗りまくったのですが、意外と激しくてとても盛り上がりました。日本でキッズ向けの乗り物に乗ったことがないので比較できませんが、リセバリのキッズアトラクションのクオリティは大人向け顔負けです。

空飛ぶ友人。

さいごに

リセバリ、クリスマスシーズンは特におすすめです。北欧に留学中で、周りの学生が実家に帰ってしまって暇だなーという人や、旅行で北欧にきて時間余ってるよ(そんな人いるのかな)という人は是非立ち寄ってみてください。


スポンサーリンク




スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA