スウェーデン語の発音がぼやっとしてる人におすすめ!大阪大学が配信する語学学習コンテンツ

Hejsan! ミホタカハシです。

スウェーデン語の発音にお困りの方におすすめの、信頼できるサイトを紹介します。

スウェーデン語学習での最初の難関である「発音」を丁寧解説してあるので、発音がよくわからなくて学習意欲がそがれる…という人など一度見てみてください。

大阪大学外国語学部が配信するeラーニングコンテンツ

大阪大学の外国語学部が語学学習コンテンツを配信しています。誰でも見られます。

高度外国語教育独習コンテンツ – 大阪大学世界言語eラーニングサーバ

なんと次の20言語を初球から学ぶことが可能です。

  • アラビア語
  • ウルドゥー語
  • トルコ語
  • スペイン語
  • スワヒリ語
  • ペルシャ語
  • モンゴル語
  • スウェーデン語
  • デンマーク語
  • ハンガリー語
  • ヒンディー語
  • ロシア語
  • タイ語
  • ビルマ語
  • ベトナム語
  • インドネシア語
  • 日本語
  • ウイグル語
  • ヨルバ語
  • マラーティー語

もはやヨルバとかマラーティーはどこの言語かわからない…。(ヨルバはアフリカ、マラーティーはインドの地域の言葉だそうです)

発音に特化!各音を動画で見られる

スウェーデン語のページはこちらです。

スウェーデン語ページの概要でも以下のように述べられている通り、発音の解説に1章割かれています。全体で3章構成で、1章目が発音、2章は会話教材、3章は補助教材です。

まったくの初級者を念頭において作成しました.スウェーデン語学習の初級段階において一番の問題となるのは,発音にあると思われます.そこで本教材では,音声的な側面に焦点を当てています

おすすめの1章発音、何がすごいかというと、すべての音について、ネイティブが発音している動画を見ることができます

例:「ö」

なんとなく発音したり聞いたりしているけど、いまいち法則性がわからなくて…という人はこのページの解説を読むとスッキリするはずです。

スウェーデンへの旅行前には会話コンテンツを!

2章の会話コンテンツもかなりの充実度です。自己紹介から航空券の購入まで、とても実用的な内容になっています。

それぞれの会話について「文法解説」「会話表現」「練習問題」「役割練習」、さらに「リスニング」「ストックホルム紹介」が載っていて情報量がはんぱないです。

例:自己紹介

例:ストックホルム紹介

スウェーデンへ旅行する前に見ていくと、使い所がたくさんあるはずなのでおすすめです!

ストックホルム紹介は、見ていくと街歩きの楽しさが倍増します、きっと。ちなみにこの紹介動画を担当されたのがスウェーデンの社会・歴史の専門家である大学教授なので、内容がマニアックで濃いです。笑

ちょうどよい分量+信頼度100%

なぜこのコンテンツがオススメかというと、初心者がスウェーデン語を使えるレベルになるに十分且つコンパクトな分量であるから。

だけでなく、制作者が大学でスウェーデン語を指導してきた信頼できる教授たちだからです。この教材の監修をされた清水育男先生は、スウェーデン国王から直々に「スウェーデン北極星勲章」を受章されるなど、間違いなく日本一!スウェーデン語教育に精通されています。

さいごに

今回紹介したeラーニング教材、文字が多めなので、全くの初心者だと読むのに疲れるかも(制作者の狙いは初学者なんですが笑)しれません。が、特に「なんとなくスウェーデン語に触れているけど、いまいち法則性が掴めない…」という人にはヒットすると思います。

知り合いのスウェーデン語学習者の人が「発音でつまづいて最近サボってる!」と言っていたので、このサイトで発音をおさえて、再開してほしいな〜と思います!笑


スポンサーリンク




スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA