【自信をつけたい】どうしようもなく自信がない。ので、ここから積み上げるよ。|「したこと」にプライド置く、他人軸から自分軸へ

わたしは慢性的に自信がありませんでした。

何事も中途半端で、何かを成し遂げたこともないし、人の役に立つようなスキルもないから。

でも、この思考って危険だ。と友人が教えてくれました。

なぜ危険かというと、何かハクがついてないと自分は価値がない、って心の底で思っているからです。

「したこと」にプライドを置くと、揺らがない

忘れないようにツイートしたのがこちら。

何者であるか、何ができるか、に価値を置く人は多いと思います。

学歴とか、勤めている会社にこだわる人は「何者であるか」に価値を見出していますよね。

仕事場では、上手いプレゼンができるとか、事務処理を素早くできるとか、プログラミングができるなどの「何ができるか」に大きな価値があるように思います。

でもこれらは、場所が変われば全然すごくなかったり、逆にすごく有難がられたりしますよね。自分以外の、外部の環境にずいぶん依存します。

でも、「何をしたか」は自分が一番よく知っているし、そこに価値を見出せば、場所が変わっても周りの人がどう言っても、”した事実”は変わらず自分の中にあります。だから揺らがない、と。

他人軸から自分軸へ

「何者か」「何ができるか」「何をしたか」それぞれに価値を感じて、バランスよく自分を眺めたらいいのだと思います。

わたしは長年、「何者か」「何ができるか」に偏っていたので、今後は「何をしたか」にもプライドを持つように考えを広げてみよう、と思いました。

しかし、ここで少し葛藤が。

どこにプライドを置くか、という話と少しずれるのですが、「他人からの承認」に依存してきた=他人軸で生きてきたために、他人から見えにくい「何をしたか」にプライドを持つのが難しい…という葛藤です。

わたしが考えてきた「何者か」「何ができるか」は、他人が評価する”何”だったので、それをも自分軸で決めてきた人は通らない葛藤かもしれませんが。。

自分軸で自分で認めるのも、評価者である自分を信じていないとできない!という状況。

自信を持つために自信を持たなければならない、という卵が先か鶏が先か状態ですが……

ともかく「する」ことから始める

うじうじしていても始まらないので、今自信がなくて自分軸にもなれない…という事実は一旦横へ置いておいて、「自分との約束を守って自分への信頼を築く」ワークをすることにしました。

小さなことから始めます。絶対できるわ、というレベルのことから。

そこで効果があったのが、#30日デュオリンゴチャレンジ でした。

これについては別記事でも書きましたが、もともと語学が好き、ということで続けられたと思います。

これでかなり、前向きに自分を認められる感覚が身についてきたと思います。

さいごに

ばらばらしましたが、

「何をしたか」にプライドを置き、外部に影響されない自信を育む

✔他人軸ではなく自分軸で判断する

✔自分との小さい約束を「する」ことから始める

という方法で、少し自信がついたかな?と思います。前向きにここから、積んでいこうと思います。:)


スポンサーリンク




スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA