継続にやる気は必要ない|万年三日坊主のわたしに刺さった革命的継続論

継続できない三日坊主はやる気がみなぎりすぎている、どうすればやる気に頼らず継続できるの?という話。

継続のため定期的に”やる気”を出す工夫をしているが…

わたしは三日坊主です。小学生の頃、ラジオ英会話を聴き出したものの夏休み中続けられた試しがないし、今現在もDMM英会話に6度目くらいの挫折中です。今回は11日間続いたからすごい!と思ったけど、本当はずーっと続けたい。

ちなみに、DMM英会話とは…Skypeを使ってオンラインでレッスンを受けられる英会話サービスです。

 

継続するための工夫をしていないわけではありません。

例えばDMM英会話は、半年後に海外に行くから生活に困らないようにしよう、という目標があります。

でもやる気がすぐ薄れるので、定期的にやる気を出す活動も組み込むようにしています。例えば、英語のドラマや映画を字幕なしで観たり、podcastを聴いたり。すると「やっぱり勉強しよう!」と思います。

やる気がすぐになくなると気付いている、という点で、かなりいい線いっていると思うのですが、結果としてうまくいっていません…

 

『やる気、べつに要らないじゃん』 by.上田啓太

大好きなライターの上田啓太さんがこんなことを書いていました。ちなみに上田さん、何回筋トレ挫折してるんだろう、何年も「筋トレ始めた!」って言ってる気がします。

久しぶりに筋トレをしたとき、たいてい、やる気がみなぎりすぎて失敗している。やる気が持続しないんじゃなく、「突然やる気になりすぎる」のである。それで過剰にトレーニングし、身体を痛め、次のトレーニングができなくなり、習慣として根づく前にやめてしまう。

引用:精神が肉体を凌駕しちゃいました

ぐさっとくる…!習慣化が下手なのは、習慣として根付く前にやめてしまうほど、身の程知らずな負荷をかけているということでしょうか。

その後、負荷をかけすぎないように意識して筋トレを再開した。三ヶ月ほど続いているが、やる気はみなぎっていない。淡々とやっている。肉体はそれなりに変化している。なるほど、と思った。やる気、べつに要らないじゃん。この発見は新鮮だった。「誰にも止められないッ!」とか思う必要はなかったのか。

なにかを継続するために大きな興奮は必要ではなく、それどころか、長期的には邪魔にすらなるんだろう。そもそも、どれだけ身体を鍛えようが、タンクローリーと相撲をとれば死ぬ。淡々とやりましょう。

引用:精神が肉体を凌駕しちゃいました

やる気、べつに要らないじゃん。

…やる気、要らないんだ…。

 

なにかを継続するために大きな興奮は必要ではなく、』

やる気・モチベーション、すなわち大きな興奮。わたしは英語でドラマを見て、わからない悔しさをやる気の興奮にすり換え、興奮の勢いに頼ってDMM英会話をしようとしていました。

定期的に興奮するように仕向けて、大きな興奮に任せて、自分のちからに見合わない負荷に立ち向かっていたのです。

 

『それどころか、長期的には邪魔にすらなるんだろう。

邪魔にすらなるんだ…。

 

たしかに、DMM英会話がややハードル高めなことは気付いていました。でも“やる気がみなぎっている状態”ならできてしまう。逆にやる気が薄れたら越えられないハードルなんですよね。これでは息切れしてもしょうがないか…。

 

“やる気”以外の何に頼ればいいのか

では、やる気がなくても続けられるのでしょうか。グーグル先生に聞いてみました。

習慣に紐付けてやる

ご本人の実績豊富に語られているこちらの記事は、すでにある習慣に紐付けることを推奨されています。

今ある習慣って無意識化されたものなんです。

習慣は無意識レベルまで落とし込むことが前提なので意識して行っているうちはまだ習慣化できていません。

だったら無意識に行っている習慣とくっつけることで新しい行動も習慣化しやすいですよね。

こうして無意識で行える習慣を増やしていくとどんどんと良い循環が生まれて次から次へと習慣化することができます。

引用:【三日坊主を卒業!】継続が苦手な人は毎日することにプラスαすると簡単にできる!

例えば、電車に乗ったらニュースアプリを開く!お風呂に入ろうと思ったら筋トレをする!などです。

生活リズムが安定していると習慣化もしやすそうですね。

DMM英会話なら…朝パソコンを開いたら、とかかなぁ…。

 

早起きのためには朝に楽しみをとっておく、という話もありました。寝る前にyoutube観てしまったりするので、朝みることにしてみようかな。

形だけでもOK

こちらは「行動習慣コンサルタント」という方が協力している記事。行動習慣コンサルタントという肩書きがあるなんて、世の中習慣化したくてもできない人が大量発生してるのですね。仲間はたくさんいる。

「また続かなかった」「やっぱり私は意思が弱い怠け者なんだ」と自分を責めてしまうのは本末転倒である。

そこで、参考にしたいのが「行動科学マネジメント」だ。これは、アメリカの行動分析学・行動心理学を日本人に最適な形でアレンジしたもので、「感情ではなく行動に焦点を当てる」考え方なのだという。つまり、やる気や精神論で目標を達成するのではなく、行動を仕組み化して習慣づけるためのメソッドである。

引用:2018年こそ脱三日坊主! 行動習慣コンサルタントに聞く「継続」のコツ

やる気の興奮がまたしても否定されました…。行動を仕組化するべしと。

まず指摘されているのは『目標は盛りがち』。現在と目標にギャップがありすぎると続かない。

ではどんな目標設定をすべきかというと、まず『目標達成後のイメージを明確・具体的に』する。そうすることで目指すべきレベルが明確になる。あとは現在とそのレベルのギャップを埋めるだけ。

わたしのDMM英会話の目標「生活に困らない」もちょっとぼんやりしているかも。レベルを明確にか…。

 

そこから重要なのが『「必ずできること」から』始めること。曰く『毎日できると思えるぐらい簡単なことから始めましょう』。具体的には…

「資格試験に挑んでいた方をケースに説明しましょう。彼女は勉強に取り組めず、受けるたびに不合格でした。そこで私は『週末はテキストを持ってカフェに行って、一定時間はその場に滞在してください。家ではリモコンを遠ざけて、テーブルにはテキストを広げておいてください。どちらでも、気分が乗らなかったら勉強しなくても構いません』とアドバイスしました。自分に大きな変化を感じさせず、ごく自然なことから始め、自身を習慣づけるのがその狙いです」

引用:2018年こそ脱三日坊主! 行動習慣コンサルタントに聞く「継続」のコツ

この資格試験に挑んでいた人は”勉強を習慣化したい”にも関わらず、”気分が乗らなければ勉強しなくていいです”とまで言われています。

完全に形だけ…形だけでいいんだ…!

結果、この方は『勉強しなきゃというプレッシャーがないので、気がついたら勉強を始めて』いたとのことで、無事勉強を習慣化でき資格試験にも合格されたそうです。プレッシャーが重荷になっていたのか…。

DMM英会話についても、予約して始まって”Hello, how are you?”まではそこまで難しくない、と思うんです。ですけど、そのあと25分間って長いな…とか、テンションやたら低い/やたら高い先生だったら満足なレッスンにできるだろうか…フリートークにしたら25分持つかな…などと考えすぎて、ズルズル後回しにしちゃうんですよね。

謎にプレッシャーをかけていたかも。それに、レッスンを楽しくしたいのはいいけど、それを考えるのは先生の役では…⁉︎(笑)

飽きた時の選択肢を用意しておく

そして、これもまぁなるほどー!と思いました。

たとえば5キロダイエットしたい場合、「毎日ジョギングする」という目標を立てても、ほとんど場合、挫折してしまいます。3日続けば本当にすごいことなのですから。

もしダイエットに対して、手段がジョギングだけだとそこでダイエット自体がストップしてしまいます。

ダイエットに対して、手段としてジョギング、ヨガ、サイクリング、など複数の手段を用意しておけば、ジョギングに飽きた⇒ヨガに行こう⇒ヨガに飽きた⇒サイクリングしよう、と何かしらダイエットを続けることができます

引用:努力を継続する方法|続く人が自然にやっている6つの習慣

たしかに、本質的な目標は『英語で困らないこと』なので、DMM英会話であろうが、文法や語彙のインプットであろうが、英語で日記をつけるであろうが、本来手段はなんでもいいわけです。

DMM英会話を毎日しよう、というのは1日1回するとお金が一番もったいなくないし効果があるからなので、ちょっと当てはまらないかもしれませんが、今現在、結果として、DMM英会話がストップするとその他の英語学習もストップしているので、この説は身にしみました。

さいごに

やる気がありすぎると継続の邪魔になる、というのは目から鱗でした。

やる気に頼らず継続するポイントは

✔️無意識にしている習慣に紐づける
✔️形だけでOK
✔️飽きた時の選択肢を用意する

 

継続ができないのは熱しやすく冷めやすい性格だから、飽き性な性格だから、と性格のせいにしてきましたが、どうやら世の中の人間はほとんど飽き性のようです(行動習慣コンサルタントがいるくらいだから)。

挫折中のDMM英会話については、やる気を定期的に起こすという工夫は間違ってはなかったと思いますが、そもそも”やる気がみなぎっていないとできない程度の負荷”であるというところから改善していこうと思います。

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA