ベルリン:ヨーロッパに行きたいけどお金があまりない若い人には魅力的。わたしがベルリンでワーホリすることにした打算的な理由

11月の終わりから、ドイツ・ベルリンにワーホリビザで滞在することにしました!

と言うと、周りに「なんでベルリン?」「ドイツ語喋れたっけ?」と聞かれるので、ワーホリの行き先をベルリンに決めた超個人的な理由を書きます。

スウェーデンに近い

本当のところ、スウェーデンに行きたいのです(笑)。以前こちらの記事(「スウェーデンで長期滞在するには?」)でワーホリ実質合意!と追記したのですが、まだスウェーデンと日本とのワーホリ協定は結ばれてはいません。

そこでスウェーデンに近い国滞在して、ずっと行きたかった”夏のスウェーデン”を無理なく満喫しようと考えました。ワーホリ滞在国に入る前に、シェンゲン協定でスウェーデンに90日間滞在することも可能*2です。

ベルリンはドイツのなかでも北の方に位置し、スウェーデンに近く、特に私が留学していた街へは往復6,000円の航空券が取れることも…! 週末に遊びに行く、なんてこともできてしまいます:)

英語が通じやすい

スウェーデンに近い国にワーホリしよう、と考えた時、真っ先に考えたのは英語圏でした。ヨーロッパの英語圏、つまりイギリスとアイルランドです。しかし、この2国だけ(!)ワーホリビザ*1が抽選なのです。7月と1月に応募期間があります。わたしは7月に応募して、両国とも外れました。。

そこで、ヨーロッパの中でも英語が通じやすい都市を調べたところ、ベルリンが候補に上がってきました。5年前の留学時の感想ですが、北欧人・ドイツ人は英語ペラペラ(そして早口笑)、スペイン・フランス・イタリア辺りの人は英語が少し苦手な人が多かったように思います。

物価が比較的安い

ベルリン以外の候補には、デンマークのコペンハーゲンやノルウェーのオスロがありました。スウェーデンで見つけた共感できる価値観や個人主義な感覚が、ヨーロッパのなかでも特に北欧に顕著なのでは?という仮説をもっていたので、北欧の都市も検討したのです。

しかし、立ちはだかる物価の壁。ネットの情報と旅行時の感覚を元に試算した結果、オスロやコペンハーゲンでの生活費は月15−20万円になりそうでした。対してベルリンは、月10−15万円で余裕で暮らせそうです。もちろんその人のライフスタイルによりますが、私個人はベルリンで月10.5万円程で生活する予算を立てています(こまかい笑)。

パイオニアがいて情報が多い

実は物価の面で別の候補地がありました。ハンガリーのブダペストとチェコのプラハです。どちらも物価がさらに安く、1ヶ月の生活費が7万円という情報がちらほら。立地もヨーロッパの真ん中辺りで悪くありません。旅行で両都市へ行ったことがありますが、どちらも治安良く、観光資源豊富でとても魅力的な都市でした。

しかし、日本人でワーホリしている人(そして発信している人)が少なく、ベルリンと比べて単純に情報が少ないです。そこで飛び込むこともアリだと思いますが、今回が留学以来初の海外長期滞在であること、また学生時とは違い、ビザ、住居や仕事の契約、税金や保険の手続きなどを自力で行わないといけないことを考えて、より先輩の多いベルリンに決めました。

さいごに

わたしの場合「スウェーデンに行きたい(近づきたい)」が初めにあったのですが、意外と他国に行きたかったけれど方法がなくてベルリンに行った、という人は他にもいそうです。

例えば、ベルリンの超有名ブロガーのワサビさんも、元々はイギリスに行きたかったそうですし(参考:イギリスのワーホリに落選してもイギリスに滞在する方法?)、超有益な旅ブログたびのーとのベルリン在住Ayumiさんもスペインに行きたかったそうです(参考:やっぱりベルリンでワーホリすることにしてよかったと思う理由6つ!

それはベルリンが、

  • ヨーロッパ
  • 物価が安め
  • 英語が通じやすい
  • 交通の便が良い
  • というスーパー魅力的な都市だからでしょう。

ヨーロッパに行きたいけどお金があまりない若い人には、だいたい魅力的行き先なのでは?と思います。行ってみないとわからないですが、ベルリンの生情報は到着したらまたレポートします!

ではでは〜


*1 イギリスは厳密にはワーホリビザではなくYouth Mobility Schemeといい、2年間滞在できる。

*2 ドイツ総領事館に確認したところ、「はじめに入国するシェンゲン協定国(今回はスウェーデン)からドイツへの航空券があれば、ワーホリビザの開始日をドイツ入国日に設定できる」とのことです。しかし実際提出した際、スウェーデン-ドイツ間の航空券は申請書類としては回収されなかったので、窓口の担当者が確認できたらいいということなのかな、と推察しますが定かではありません。用意するに越したことはないと思います。


スポンサーリンク




スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA